FC2ブログ


181117_1.jpg


福井で開催された『第18回東海北陸作業療法学会』に参加してきました。

何と、発表演題は5演題。
がんばりました

=============================
発表者:東川 哲朗
演題名:認知症を合併し自身の意志の表明が困難な事例に認知症高齢者絵カード評価法(APCD)を用い,合意目標設定したMTDLP実践例

発表者:寺﨑 真登佳
演題名:環境面より家事参加制約状態であったパーキンソン病患者に対し早期より家事役割に焦点を当て実践した作業療法

発表者:森長 史香
演題名:「伝えたい」の意志を支援し,作業療法介入により作家としての価値を高めた症例

発表者:西川 由衣
演題名:全失語を呈した脳卒中患者に人間作業モデルスクリーニングツールを用い,家族への教育的介入を行ったことで作業有能性向上や家族の接し方の変容に至った一事例


発表者:浜崎 ゆかり
演題名:失語症,片麻痺を呈した症例の 1 人暮らし再開,家族の不安軽減に向けて訪問リハを用いた事例 

=============================================



181117_2.jpg


市民公開講座は「あきらめないこころと作業療法義手が与えてくれたもの ~看護の仕事とバイオリン~」と題し、
講師に伊藤 真波氏(パラリンピック選手・看護師)をお招きし、関わった作業療法士:柴田 八衣子氏を交えたお話を聞くことができた。


レセプションでお二人とお話することができた。
講演の中で、「笑おう」と決めた瞬間があったとお聞きしたのだが、初めて笑えた時について尋ねてみた。
「外泊で家に帰り、母親の手作りの料理を食べた時」というのがお答えだった。
支えてくれた家族に感謝の笑顔でもあったと思う。

柴田さんには、「私だったら出来たかわからない」という旨の話を正直にさせて頂いた。

まだまだ、精進する事多し。

まだまだ勉強が必要です。頑張ります!!




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kananoureha.blog.fc2.com/tb.php/289-65851f5a