今回は、本催事に参加した者を代表して、M.K.主任からのレポートです。
それではどうぞ~



RUN伴は一人一人の認知症の理解を深め

認知症になっても、住み慣れた町で暮らしていけるようにという思いから始まりました。

石川県がつながって今年で4年目。

当院からの参加も4回目。


「認知症になったらどうしよう。」

と思ってしまうのは

何度も同じ話をしたり、食事を摂ったかどうかわからなくなったり…など記憶が低下してしまうことや(中核症状)

癇癪を起こして暴力をふるったり、徘徊したり…困った行動をとってしまう(周辺症状)

など、何もできなくなるのではと不安になってしまうからだと思います。

けれど、たとえ認知症になったとしても、「できること」はたくさんありますし

接し方によって、周辺症状は防ぐことができます。

認知症を予防するためにできることもたくさんあります。

「できること」を一緒に見つけて活かしていく

どんな接し方をすれば認知症で不安になっている方が穏やかな気持ちで過ごせるか

予防するにはどんなことをすればいいのか

伝えられるのが作業療法士です。
当院でも「ものわすれ外来」を行っていますが、地域の方のそういった疑問にお答えできるよう努めていきたいと思っています。









北海道をスタートし、次々と繋がれてきた襷を受け取って

当院から同じ市内の他クリニックさんまで走りました。

たった1.0㎞の道のりでしたが

道中、「何してるのー?」と、この活動を知らない方からも声をかけていただきました。

170909_2.jpg


はじめは作業療法士1人から始まり

栄養部、診療補助課、ソーシャルワーカー、言語聴覚士と徐々に賛同者が集まり

今年は12名の参加になりました。

こうして理解の和を広げていけたらと思います。


170909_3.jpg



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kananoureha.blog.fc2.com/tb.php/251-c2e20fa9