2013.06.03 麻雀
負の部分を持ち出されやすい、「麻雀」

が、最近はその効用が取り上げられる事も多くなってきました。

パズルゲームの持つ、要素、
手を考えたり、ひいてきた牌により手を考える、
相手の捨て牌から手を予想する、
相手の表情から手を予想する・・・などなど。

こういう直接的な効果に加え、同席するプレーヤーとの
コミュニケーションなど、良い面が沢山あります。

私が学んだ作業療法の学校では、私が学ぶ前年まで、
麻雀の授業があったらしいのです。

当院でも昔は、「卓」もあったらしいですが(25年以上前)今はありません。
少し残念・・・

さて、この同志の皆さん、先の麻雀のゲームの要素の他に、
昔取った杵柄みたいな感じで、当時の事を思い出したり、自慢したり、
そういう要素も(←回想法と言ったりします)。

なじみのあることを楽しくやる・・・
これは健康に役立ちます。

皆さん、早くお元気になってくださ~い!!




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kananoureha.blog.fc2.com/tb.php/100-2e35e1a4