FC2ブログ



本日は、この春から就職したA.S.作業療法士初レポートです。
新人たちは研修を終え、実践の場で学んでおります。
先輩作業療法士と患者さんの作業療法に同席しましたたが・・・さて・・・


普段は作業療法に出療する時はベット場で横になっていることが多いのですが、今日は起き上がり座って待機。
行く気持ちがバンバン伝わってきました!
患者さんの方から「行きましょう」と言って下さり、本当に楽しみにしていたんだなと思い、嬉しく思いました。

準備をして、一緒にたこ焼きを作ろうと思いましたが、作る作業には自信がないのか、少ししか参加されませんでしたが、目線は常にたこ焼き!嬉しそうな表情!たこ焼きをパクパクと食べる姿がとても印象に残りました。

いつもは元気があまりない印象でしたが、患者さんが病前に好きだった作業『銀●こを買って食べること』を、
こうやって出来ることで、気分や表情、コミュニケーションが変わることが見れて、作業が与える影響って凄いなと、感じることが出来ました。

まだまだ未熟で、何もできない作業療法士ですが、患者さんの一言や、様子、生活などから患者さんの生きがいを見つけていけられたらいいなと思う時間でした!!


「ほ~」「へ~」と思わせてくれるレポートありがとうございました。
患者さんが、何かを教えてくれたんですね。
貴重な経験と学びをどんどん、していってください。


スポンサーサイト






全国で新型コロナ・ウィルスが猛威を奮っており、様々な影響が・・・

当院でも今のところマスクは何とか補給できていますが、在庫数は日に日に減っています。
ゴールデンウィークは物流も止まるので、ピンチかも・・

ということで、スタッフがマスク作りに励んでくれています。







お気づきの方もおられると思いますが、2020年・春、リハビリテーション部の
ユニフォームが変わりました。

各部門を色分けしてわかりやすくするという事が主旨です。

作業療法部門は「えんじ色」
わかりやすく言うと「赤」でしょうか。

ちなみに、理学療法は「青」、言語聴覚は「グレー」となりました。

200422_4.jpg200422_5.jpg



さて、残りの作業療法士です。

200422_2.jpg
200422_3.jpg



リハと一くくりでまとめられることから脱皮し、
各部門が専門性を示していかなければいけなくなります。

「赤色の人は何する人?」
この質問にしっかり応えていける専門性を出していきたいと思います。






春です。
今年はいつもの春とは違います・・・

そう、「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)」
色々自粛や、抑制といった、活動制限の言葉が蔓延。

そんな中、作業療法士は何ができるか
活動を前向きに考え、できる活動、次なる場面への備えをしたいと思っています

さて、当院の畑『夢農園』です。
ありきたりの「リハビリ農園」という名前を付けませんでした。
『夢』です

患者さんの、関わるスタッフの『夢』の農園です。

コロナウィルスの影響もあり、作業療法士だけの「耕し」作業になりました。
皆さんの『夢』の為の準備は滞りなく進めます


しかし、写真撮るよ~と言うと、なぜか全員後ろ姿(爆)

撮りなおしました

200417_2.jpg









2020年・春。

作業療法室にも新人さんをお迎えしました

例年なら、国家試験合格祝いをしているはずが、残念ですが今年は自粛。
そんな困難を、吹き飛ばしてもらおうと思います


「OT室のブログ用に写真撮るよ~」と声を掛けたら、何故か正座

撮りなおしました

ot_blog_200414_2.jpg


こちらも求めた訳でありませんが、力強いポーズをしてくれました

期待してますよ!!