FC2ブログ



『市町事業に関わるリハビリテーション専門職の育成研修』が開催され参加。

地域包括ケアシステムの実現に向け、我々も勉強して挑まねばならない。
特別公演では厚生労働省 平成28年度介護予防普及展開事業検討会議 委員の「佐藤 孝臣 氏」を
お迎えした。

先生は、作業療法士。

先生とは別の場所でお話しする機会を持っていて、作業療法士が地域で働くキーポイントも
お聞きしている。

作業療法士ならではの仕事ができないといけない。

そんな事を勉強、そして実践していきたいと思っている。

まずは、うちの病院から・・・


スポンサーサイト



2019.08.28 心が動いた?



やる前までは、むっちゃ嫌がってました。
「本当にやるの?」
「私が?」


決してその様な患者さんを無理強いさせるわけではありません。
患者さんによっては、本当はしたいけど・・・自信が無く、背中を押してくれるのを待っている方がいます。

押しました!!


上手な卵焼きができました。

すると・・・

何も言わないのに、片付けの食器洗いを始めてくれています


こういう、瞬間があるんですよね~

いいぞ、作業療法。



JRAT石川
石川県の災害対策リハビリテーションチームである。

もちろん、数名がこの活動に参加。
今回は多職種の研修。

いざ、という時に備えます。





今秋も県作業療法士会主催の『県リハビリテーション風船バレーボール大会』が開催される。

2年前から大会参加を復活して挑んでいる。

昨年の大会後、リベンジを誓い、今年も集合。
新しいメンバーも迎え、悲願の決勝トーナメント出場を目指し、練習に励む


今年こそは


こんな事をしていると、ふつーに、うちの病院バックアップしてくれます
感謝感謝