161216.jpg



ボーリングのスコアシート!!

誰の?  私の?

いやいや・・・

確かに、うちのOT室には強者がいる(S君)

が、これは退院された患者さんのスコアシート。


元々、クラブチームに入るくらいボーリングに通っていた女性。

当然目標は、「ボーリングの再開」になります。


当時来ていた学生さんにもたんとうしてもらい、練習しました。


そして、退院後の実践報告に来てくれました!!

うれしいですねぇ~




スポンサーサイト



当院では、リハビリテーション部が主催し講師をお招きし、セミナーを開催しています。

今回は、『(急性期)高次脳機能障害の見たてと生活行為への影響』と題し、
鈴木 孝治先生(藤田保健衛生大学大学院)をお招きした。

先生の軽妙な語り口に引き込まれ、あっという間の3時間。


急性期から、問題を見立てるポイントを中心にお話し頂いた。
脳血管障害をメインとする当院では、とても大事なテーマ。

また、当事者に気づきを生むという視点でもお話し頂き、明日からの臨床に直結する
内容でした。



2016.12.07 外出練習



患者さんと外出練習です。

横断歩道を青信号中に渡り切るには、それなりの歩行速度が必要です。



161207_2.jpg


何て、歩道の歩行と横断歩行では終わらない(笑)

今日は、バスに乗ってあるところまで行きます。

もちろん、バスのステップを乗れるようにする練習も行って来ました。


161207_3.jpg


バスに乗って行った先は、中心街にある百貨店

ここで、お孫さんにプレゼントするお菓子を購入しました。
もちろん、そう決めたのも、ご本人。

そして、商品の選択も、支払い(財布からお金を取り出す)も全て自分で行います。


161207_4.jpg



エスカレーターにも乗りました!!


161207_5.jpg


最後は雨模様となってしまいましたが、「傘をさして物を持っての実践練習」になりました(笑)


実はこんなおまけもしてきました

161207_6.jpg


途中、休憩を兼ねて喫茶店でお茶しました


集中治療室にいるときから、百貨店の話題が挙がり、元気になったらお友達と行く事を
目標にしました。

ですので、退院前に何としても「行ける」事を経験しておいてもらわないといけません。


どうして、写真を撮ることができたかって?
実習に来ていた学生と一緒に行きました。

実習でこんな体験しちゃったら・・・
こんな作業療法実践をするしかないですねぇ~\(^o^)/











日本作業療法士協会では、作業療法士が対象者の方の生活行為を実現し、活動を行い、
社会参加することを目標とする事を、わかりやすく対象者の方や家族と協業するツールとして
『生活行為向上マネジメントツール』というものを開発しました。


当院でも、基礎研修や実践研修に取り組んでいるスタッフが多くいます。

今回は、そのツール開発者として活躍されている村井千賀作業療法士をお迎えした県士会研修会の
模様をお送りします。


161204_2.jpg



推進委員として、私も少し『作業』のお話しをさせていただきました。

日本の作業療法士が対象者の活動・参加支援に取り組んでくれると良いです。