上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.01.29 AMPS_評価中



当院の作業療法では『AMPS』という評価ツールを使用します。
『AMPSとは、技能による作業分析的視点から作業遂行の質と作業遂行能力を同時に評価する、約15万人のデータに基づき(2013年現在)国際的に標準化された観察型のADL/IADL評価法です。 作業遂行の質は対象者の運動技能とプロセス技能で評価をします。AMPSは、対象者中心の作業療法を実践する作業療法士(専門分野を問わない)の治療介入計画や効果判定に適した評価法といえます。』(AMPS-JAPAN-Webより)

これにより、客観的に能力の評価が行えたり、作業遂行能力の予測(一人暮らしできるかなど)をすることができます。

評価中は、観察に集中するので、他のスタッフがAMPS評価中とわかるように、
ビブスを着用しています(当院のローカル・ルール)。

この評価を用いるためには、認定講習会に参加して、その後データ提出。そのデータが研修内容を理解している事、
研修中に付けていた評価者の寛厳度と違いがないか判断され、適切であると『認定評価者』と認められます。
つまり、この『認定評価者』とならないとAMPSは使えません。

現在当院には9名の認定評価者がいます。
スポンサーサイト



当院で活用中の運転シミュレーションソフト『HONDA セーフティナビ』の使用者が
一同に会し、その利用方法や課題などのついて話し合った。

時間の半分以上が自由な「ディスカッション」。
そこに、最近の勉強会などで多用されているグループワーク的な手法は必要ありません。

話し合いたいことがあれば、初対面の者通しで、まぁ盛り上がる盛り上がる。
話が尽きませんでした。

そして会場となった『HONDA』のウエルカムプラザ青山にはアシモがおり、
私たち会議出席者の為に特別デモンストレーションをしてくれました。

最後は記念撮影タイムも設けて頂き、見事、ツー・ショット!!

ここでも、連携の話が出ました。
その地域での連携はもちろん、ブロックや全国で手を取り合い、
障がい者・高齢者の自動車運転について考えていこうと盛り上がりました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。