上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4月から就職する新採者5名が、国家試験に『全員合格!!』

全国の合格率が「79.7%」だったようで、全員合格で良かった~!!

ということで、夜は・・・合格祝いの宴です!!

これで、作業療法士総勢24名となります。
段々集合写真が横長に・・・(爆)

みんなで楽しくやっていきましょう!


スポンサーサイト
作業療法士OGがかわいい赤ちゃんとともに訪問してくれました。

残念ながら出産・子育ての為退職されましたが、こうやって訪ねて来てくれると
うれしいです。

出くわした患者さん達も喜んでくれていました。




作業療法室に新たな武器?道具?が導入されました!!

『自動車運転シミュレーション』です。

何と、全国でも30の施設くらいにしか導入されていない代物。

ハンドル、ブレーキなどにゲーム機のものを転用しているものですが、
中味のシミュレーションはかなりのもの。

当院の患者さんの場合、運動機能での運動能力の可否について問題となる場合は
少なく(片手・片足でも運転は可能です!!)、それより高次脳機能の問題が
運転適否のポイントになるので、そういう面での利用には十分。

まだ、中味の吟味が終わっていませんが、個別に利用して行くには使用可能
ですので、運用と吟味を並行して進めていく予定です。





2013.03.22 遂にきた~!!
遂にその日が来ました

そう、先日、プランター栽培を計画したOTと患者さん。
OTが、さぁ植えようと促すと、どうしても植えないと。

よくよく聞く(失語症で、言葉は出ませんが、意志を聴き取りました♪)と、
土と肥料を落ちつかせたいから日をおきたいということでした。

あれから数日、遂にGoサインが出ました!!

というわけで、『二十日大根』を種まきです。

そんな作業をしていると、寄って来ます、寄って来ます・・・
その道に自身のある患者さんが、近づいてきて、「あぁでもない」、「こおでもない」と・・・(ふふふ)

こういうコラボレーションがたまりません、『これぞ作業療法』(環境(場)と、人の活用、そして役割)



当院では、新人の家屋調査に経験者が同行しています。
新人が後で悩んだ時でも、一緒に行っているので、相談に乗りやすいです。
費用対効果ではかなりよろしくないかもしれませんが、患者さんにとっては安心かもしれません。

さて、今日はそんな感じで同行したのですが、家屋調査とは別に、気になることがありました。
家の中、至る所に、花瓶とお花が・・・

奥さま(介護者)がお花の先生で、ご主人(患者さん)が花瓶を制作(陶芸)していたとのこと。

すごくありません?
感動しました!!

そんな訳で、お風呂やトイレの撮影は新人に任せ、私はこちらをパチリとやらせてもらいました\(^_^)/


東北福祉大学の『臨床実習指導者会議』に行ってきました

ここで、これまでの実習の結果や、学校の方針などを伺います

その辺は、まぁ大事なんですが、その後当院に実習に来られる学生さんと面談します。
これが大事!!

ここからが実習の開始と言ってもいいくらい・・・
ここで、病院の様子や、スタッフ(今回なら私)がどんな感じの人間か、
どんな施設の感じなのかを聞けることで、学生さんは、
「がんばろ~」とか(これはほどほど)、
「楽しもぉ~」とか、
思ってくれたら、最高!!

実習初期の学生さんが抱えやすい問題はクリアーします。

出席してもらえなかった施設に行く子は、他の同級生が面談している間、
ただ、待っていて、実習当日まで、どんなスタッフが居るところか解らないわけですからね。

実習を受ける施設の方は、是非、出席してあげてもらいたいものです。

そんなこんなで、来月からまた、実習生が溢れる作業療法室になります(^^)/


2013.03.13 陶芸作品
以前、陶芸をやっている風景をご紹介したのをご記憶でしょうか?

その作品が焼き上がって来ました。

スゴイ!!

味のある素晴らしい作品ができました。

見ていた他の患者さんも、
「これでソバを食べたら旨い」、
「これで、きゅーっと一杯やりたいね」(←NGですよ)
などなど・・・

そして、私、ぐい飲みを一つ頂ける事に。

すみません、私が代わりに・・・(きゅーっと・・・)(←NG!!!)


入院中から、以前行ったいた作業を再開することはとても大事な事だと思っています。
退院した患者さんは、以前と同じ事が出来ずに退院後戸惑われますが、
しっかり体験しておくと、「こうすればいい」という感覚があるので、
退院後の生活が大きく変わります。

そんな、お手伝いもしています・・・作業療法!



春の気配が感じられ始めたこの頃・・・
段々暖かくなってきました

そんなこの日、患者さんとプランターで苗植えです

土を入れ、肥料をやり、さぁ作業療法士(OT)が「植えましょう」と
声を掛けると、患者さんから・・・
「ストーップ!!

土を馴染ませたいから、すぐに植えたくないそうです。

もちろん、『意志』を尊重。

病院に入院すると、『意志』を発揮する機会が失われます。
どうしても、「こうしてください」、「これは止めましょう・・・」などなど。

作業療法では、『意志』を発揮するする事も、提供させていただきます。

自分の大事な作業・・・自分流が一番ですね





さて、この日は、2週間長野から実習に来られていた学生さんの送別会も
やりました。
「この前、なんかしてたぞ」何て言わないで下さい。

我々にとっては、しょっちゅう来る学生さんですが、
学生さんに取っては、人生で決まった数しか体験しない臨床実習。
しっかり、お迎え、送り出ししたいもんです。

私も、もう、20数年前になる実習地での飲み会,よく覚えてます

この学生さん、
「病院に居るときは本当に楽しかったです。」と話してくれました。
うれしいですね

「そんなに頑張らなくてもいいよ」って言った書き物、
頑張りたかった見たいです。

でも、臨床現場が楽しかったと言われるのは、最高に気持ち良いです

将来、素敵な作業療法士さんになって下さい!!

130308_2.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。