上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この日は業務終了後に勉強会。

若者達は・・・栄養補給に走ります

病院横には、吉牛が・・・
そんな若者達を応援します!!



スポンサーサイト
2012.09.15 新人教育
何度か紹介しました、『家屋評価』です。

この日は、新人OTの担当患者さんということで、経験者OTが同行です。

当院では、新人には1年間、家屋評価時に経験者が同行し、一緒に家屋評価します。
もちろん、その後のプラン作成のお手伝いも。
実際に一緒にみているので、アドバイスする経験者も楽です。

診療報酬的には決して得な事していませんが、長い目で見たとき、
必ず、この初期投資は無駄にならないと思っています。



作業療法士は、クライエント(患者さん)の"大事な作業"を、再び行える様、
一緒に考えます

その作業が、お仕事の方もいらっしゃいます。
その場合、復職に向けて、職場訪問して、実際の作業を見たり、問題解決を図ります。

そんな、職場訪問に作業療法士が行って参りました。

以下、R.T.作業療法士(特派員)からのレポートです

===================================================
 患者さんの復職支援の一環として、本人・家族・職場の方の了承の元、患者さんと一緒に職場訪問に行ってきました。

今回は職場環境と患者さんが実際に仕事をしている様子をみさせて頂きました。

実際に仕事着に着替えて仕事をしている様子は、顔つき一つとっても、普段病院でみせてくれるものとは違い、真剣さの中に生き生きとした様子を感じました。

仕事の内容の説明や想いなどを語ってくれている様子からも、患者さんの仕事に対する価値・やりがいを知ることができました。

職場訪問は、仕事を行う上での問題点を知るだけでなく、復職に対するより具体的な想いを知ることができる機会であると改めて感じました。

今後も、今回の機会を活かし、仕事に戻れること・仕事を失うことがどういう意味なのかを考えながら復職への支援を考えていきたいと思います。



2012.09.09 休日リハ
これまで行って来ていた365日リハを、この秋から拡大するべく、
7月から取り組んできた。

『休日リハ加算』という、休日にも、リハを提供していると見なされる量を
提供していくことに。

これまでのところ、順調に進行中である。





2012.09.07 勉強会に参加
薬品会社さん主催の勉強会に参加。
テーマが『地域で診る脳卒中 地域連携を進めるために』というタイトルだったので。

当院の院長先生がプレゼンターだった事もあり。

講師の先生は北海道を基盤にご活躍の先生で、地域の住民の脳卒中医療を進める為、
強調文院内の職員、そして住民意識を向上させる事を実行されている。

特にポイントは、地域の人が、脳卒中を知り、
おかしいなと感じたら、すぐに受診するということを啓発した点。

ACT-FASTというらしく、
Face(顔)、Arm(腕)、Speech(話)、のどれかがおかしかったら医療機関にという運動。何でも、この3つの内、1つでも異常があれば、72%の確率で脳卒中ということらしい。

ちなみに、最後のTはTime(時間)で、おかしくなり始めた時間である。

現在、異常から3時間以内であれば、t-PAという、後遺症を少なく納める
可能性の高い薬剤が使用できるから重要な要素となっている。

良いお話しだったのだが、先生のお話の中で、リハビリテーション、
理学療法、言語聴覚は良くでるのだが、『作業療法』が出てこない

スライドにさえ出てこない・・・ウ~ン・・・何故?



昨日の続き。

初学会発表の打ちあげ
これは、県学会当日に行っている。

めでたい・・・めでたい。

そこに、今実習に来ている学生(from長野県)と、翌日から実習開始の学生(from埼玉県)の
2名の歓迎会も同時開催。

そう、後者の学生は、実習開始前日に飲み会から実習スタート

そして、今日。
やっぱりね、昨夜あんな事(歓迎会)していると、初日の緊張が少ないんですよ・・・

さぁ、6週間、しっかり、脳外ワールドを楽しんで行ってくださいな


第21回の『石川県作業療法学会』が、金沢大学附属病院 宝ホールで
開催された。

当院からは2年目の若者3人が演題エントリー

○「更衣動作時の座位保持能力と多方向リーチ動作との関係」山本 恭啓OTR
○「食事における箸の使い方の分析から考えた作業療法プログラムの検討」納谷 恵美子OTR
○「振動記録計で示す活動量の変化」山本 詩織OTR

(おまけ)
シンポジウム『その人らしさを支える作業療法』  
 【シンポジスト】 東川 哲朗OTR 


無事、発表を終えました

若者の発表は、ロビーでも何人かの方から、興味深く質問を頂くこともでき、
これ以降の研究の発展にも繋がるヒントも頂戴しました。

ちなみに、これから打ちあげです


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。