上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
作業療法室の放課後・・・もとい、業務終了後。
正確にはこれも業務だから、業務終了後ではないのだが・・・。

患者さんの自助具を作る為に、ミシンがけです。

一工夫で患者さんの生活が変わります。
これも作業療法の魅力。

ちなみに、私の場合、ミシンがけをすると、周りの人を巻き込むことになる
(これどうすんの?わっ、糸絡まった・・・などなど)ので、
極力手縫いです(苦笑)





そして、この日は、病院の他の方々と、急性期の病院を訪問。
当院の回復期病棟の紹介と、意見交換をさせていただきました。

こういう、イレギュラーな仕事は・・・疲れます(苦笑)


スポンサーサイト
2012.05.25 COPM
1週間に一度、専門学校に講義をしに行ってます。

その中で『COPM』という、対象者の大事な作業について聞き取る評価を紹介し、
学生さんには、家族や先輩などから聴取してきてもらい、発表会をしました。

一人の学生さん(=この冬、当院で評価実習していた方です)が、おばあちゃんに
COPMをしてきました。

お菓子作りが趣味だったけど、最近、孫も(学生さんの事)作るようになったし、
食べてくれる人もいなくなったので、あんまりしていないとのこと。

ついつい、「僕が食べるけど・・・」何て言っていましたが、
翌週、作った物を学生さんが届けてくれました。

とっても、うれしかったですね~
それで、このケーキがまた、すごく美味しい!!

画像ではわかりませんが、中に生クリームも入っているんです!!

ありがとうございます!!

お菓子作り、是非、続けてください。


2012.05.22 家屋調査
この日は『家屋調査』

患者さんが回復期リハ病棟に入り、必要に応じ、
早期に家屋の状況を把握するためのもの、
退院前に家屋改修を前提にしたもの

大きく分けてこの2つの目的で家屋調査をしています。

この日は、新人さんの患者さんの調査。
新人の場合は、経験者が同行し、改修案の作成までお手伝いしています。

新人に取っては不安の解消、勉強にもなりますし、
患者さんにとっても、経験者のフォローが入るので安心です。



県士会の、
「新会員オリエンテーション」、
「総会・表彰式」、
「新会員歓迎会」  が開催されました

表彰式では当院スタッフが『永年20年表彰』を授与

新会員歓迎会では新しく入職の4名+復職の1名を加えた5名の方が
初々しく、紹介され楽しい一時を・・・(一時???)


2012.05.17 懇親会
懇親会なのか・・・飲み会なのか・・・
分類はさておき、広島から実習地訪問に来られた先生と一献。

話は作業療法についてのみならず、他分野に及び・・・参考になることしきり。

「3~4年目のセラピストの陥りやすい錯覚」や
「女性と男性の考え方の違い」etc.

いやぁ~勉強になりました


2012.05.12 外出練習
「何か最近、元気が無くって~」と、受け持ち患者さんを心配するスタッフの声

確かに、最近これまでの覇気が無く、何だか心配・・・
で、担当スタッフの提案。
「お父さんと喫茶店へ連れ出したいんですけど・・・」

「Let's go!!」

以下、特派員『C.K.』からのレポートです。

久しぶりの外出♪
最初はさくらんぼから♪喫茶店で食べるプリンは美味しいなぁ( ´ ▽ ` )ノ
また行きましょう(*^_^*)次は誰と行こうかね♪


2012.05.10 外出練習
「バスに乗って、入院してる妻のもとに行きたいんや
患者さんの一言から、バスを使用しての外出練習を行うことに

当日は、患者さん、担当OT、実習中の学生さんの3人で、出掛けました

買い物練習もかねて、目的地はスーパー♪
得意なカレーの材料を買うことに♪♪

入院中とは表情も違い、ニコニコ
こちらも嬉しい気持ちになります

無事にバス乗り降り、買い物も行うことができました。

次の日作ったカレーも大成功

退院後も、行けそうなので、安心できました

                          <M.I.特派員>


2012.05.09 お雑煮
季節外れの『お雑煮』であります

何故に『お雑煮』か。
ちゃんと理由があります。

作られたのは、今ひとつ元気のでない患者さん。
話を聞いていると、「お父さんの朝食に毎朝、お雑煮を作っていた」とのこと。

それじゃ、やってみましょう!!

と、『お雑煮』作りです。

完成品は、病棟スタッフにも食べて頂きました。

「美味しい」と大好評。

患者さんにも声を掛けてくれます。

こういう、何気ない声かけが、きっと次の活動のエネルギーになると信じてます


「ブレーキの効きが悪くって・・・」と病棟の看護師さんから・・・

「直して見せましょう」とまでは言いませんがやれるところまでやらして
もらいます。

昔はパンクの修理もしていましたが、さすがに最近は言われなくなりました

ということで、この日は、新人君にもレクチュアーしながらの修理です。

車いすを直して思い出したのは、数年前実習に来られた学生さん。
患者さんの車いすに空気を入れてくれるようお願いしたら、
「どうやって入れるんですか?」と聞かれたので、
「いや、自転車に入れるのと同じで良いよ」と応えると、
「やった事ありません」ときた。

「えっ、自転車乗るでしょ?」と聞くと
「乗りますけど、空気は入れたことありません」とのこと。

「えっ、空気少なくなったらどうしてるの?」と聞くと、
「いつも、父にしてもらってます」  ドッヒャーンである。

そんな彼女も、今では作業療法士。

がんばってください!!


2012.05.04 休日リハ
今日は5月4日。

大型連休中日である。

そして、この連休中も毎日作業療法(リハビリテーション)提供中である

数年前から始めたこのサービス、最初はSCU(Storoke Care Unit)と言われる
脳卒中専門集中治療室からスタート。

その後、回復期リハ病棟の一部、そして現在はSCUと回復期は365日全患者さんへ、
今回の様な連休の場合はその他の病棟の患者さんにも一律同等のサービスを提供。

そして、今秋からはさらにサービスを増強し、提供量を増やす予定である。

乞うご期待。

私の立場的には、職員のQOLも同時に追求する役目が・・・

みんなで頑張りたいと思います!!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。