何をしているのか?
ふざけている?

い~え、至って真剣。

自動車運転は、患者さんにとって大事な作業であることが多いです。
しかし、安全に運転できないと大変危険なものになります。

その一助となるかもしれない、大学の研究に自動車学校様と共に協力しています。

180607_2.jpg

身体の各所にセンザーを取り付け、運転中の動作などを測定しています。
それに合わせて、自動車運転の技能を客観的に分析するシステムでもデータ収集しています。

180607_3.jpg

こういう研究は、明日・明後日何かに結びつくことは少ないですが、将来、
患者さんの役に立つと信じ、強力しています。

今日は、大学の学生さんと当院患者さんOBと、作業療法士が研究に参加しデータを
取りました。

自動車学校さんのシステムはすでに、企業の安全運転講習に使用している
もので、このシステムでの解析をフィードバックして頂きました。

患者さんOB、作業療法士とも、普段意識していない自身の運転の癖を
知ることができ、今後の安全運転に参考になったと思います。

この様なことにも、協力しています。




スポンサーサイト