上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



プランターに花の苗を植えました。

この方に花を植えることはどんな意味があるんでしょうか?
答えは、ご本人しか知りません。
なので、お一人お一人の作業を大切にお聞きします。

さて、花の苗ですが、当院の場合、事務に方が買出しに行ってきてくれています。

ある日、買出し担当の方とお話しました。
「できるだけ、元気な苗を選んだりするように心がけているんですよ・・・」

うれしくて飛び上がりました。

作業療法で何をしているか、作業が大切な事・・・そんな事が、
他の部署の方にも理解されています。

こういう時に、「あぁ~、この病院・職場で良かったなぁ~」としみじみ感じます。

さて、どんな花が咲くか・・・
皆の思いを込められたプランター。
素敵な花が咲きますように・・・


180606_2.jpg
スポンサーサイト



現在、当院で実習している学生さん達です。

金沢大学、金城大学、専門学校金沢リハビリテーションアカデミーの地元養成校に
加え、県立広島大学、新潟医療福祉大学から来られています。

そして、何をしているか?
勉強?

昼休みに、『甘エビ』を食べてます。

患者さんOBの方が、日本海から採ってきました〜

それを、食しています。

当院の実習、運が良ければ、こんな事もあります。

なぜ、患者さんは甘エビを持ってきてくれるか。
「作業」(活動・参加)への再参加を目標に作業療法実施しています。
退院後の成果を、見せに来てくれているんだと思います。



作業療法バンザイ!!



今回は、Y.H作業療法士の初・レポートです

それでは

見てください、この包丁さばき!
さばいている魚はタラ、患者さん持参の新鮮な魚です。
少し前まではじゃがいもの皮むきにも苦戦していました。
今も手の使いにくさはあります。
それでもイキイキとした表情でタラのムニエルを作ってくれています。
毎週末の外泊時にも家族に料理を振る舞っているそうです。

180309_2.jpg


それにしても、本当においしそうですね
味見をしたスタッフから声を掛けられると
「退院までにもう一回くらい料理できるかな?」ですって。
ぜひぜひお待ちしております!
170810.jpg

何気ない作業療法室の一場面。
普通に見れば、患者さんの調理練習。

が・・・・・


実は、指南役は患者さんで、ほとんどOT女子は習ってます(爆)

調理の他に、お化粧にネール・・・
OT女子の女子力強化の先生であります



作業療法は、患者さんがこれまでしてきたことを再び行える様に練習する場。
ならば、必ずしも作業療法士の方がその作業に詳しいとは限りません。
というか、ほとんどの場合、患者さんの方が、長けております。

ならば、教えてもらうのも一つの手。

作業療法室には、沢山の先生、達人がおいでます。




2017.07.12 調理練習の力



ある患者さんが、調理実習をしています。

そこに忍び寄る影・・・というわけでは有りませんが、
以前同室だった他の患者さんが、様子を伺いに来ました。

「何、作っとる?」

そんな会話から、「次あなたがやってみたらどうですか?」
という話に繋がります。

患者さんが、患者さんの作業を推進してくれます。

これも、作業、環境の力です。


170712_3.jpg









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。