FC2ブログ
2020.06.09 園芸_サルビア



女性の患者さんはお花が好きですね~
そしてお世話が好きな方も多いです。
さて、そんな園芸のお話です
本日は、K.S.作業療法士のレポートです。




本日の作業療法では「園芸」を行いました。
植えたものは、季節の花、サルビアです。

畑で野菜やお花を育てることが役割でしたが、
入院してからは、目を閉じていることが多い患者さん
しかし、花の苗を目の前にすると、本領発揮です。

スコップを手にとり、土をならし、きれいな鉢植えにしてくださいました。

苗と土の馴染ませ方など、手つきはさすがで、目はとても真剣

普段はみられない表情で、活き活きとされていて、とても嬉しかったです。

作業の力は素晴らしいと改めて感じた一日でした

翌日には「水あげに行かんなん」と起き上がってくださり、一緒に水やりをしました。
ツボミも出てきているので、これからの成長が楽しみです。

200609_2.jpg



スポンサーサイト






当院では回復期リハビリ病棟脳卒中ケアユニット365日リハを実施しています。


休日リハで出勤した日、刺し子の作品が干してありました。
「う~ん、これまでにない、色使いだ」「目が揃っていて綺麗」

早速担当者のレポートです。

本日はH.S.作業療法士からの報告です。

ではどうぞ!!

「編み物とか刺し子、家でしてたよ」
作業療法の導入や日頃の会話の中から、その方の生活を聞き出す
そんな場面でこの一言がありました。

さらに話を聞くと、、、
今回の入院とは別に過去の病気をきっかけに
運転を辞めて外出機会が減少
そんな中でも「楽しみを」とこれまで経験のあった手芸の時間が増えたそうです。
作った作品は家族や友人にあげて喜ばれていたそうです。

「作業療法室にも刺し子の道具あるよ」と伝えると
「久しぶりで上手くできるか分からんけどやってみっかと快諾


それからこの刺し子が完成するまで約1ヶ月


作業中は同席した他の患者さんやスタッフから
「上手やねぇー」
「昔は私もこんな事してたのよ」
「できるかなぁ」
などなど作業を通じて会話が盛り上がっていました

また、同室の患者さんから
「刺し子干してあるの見たよ」
「私の分も作って!」と言われたそうです。

これをきっかけに、
部屋に閉じこもりがちだった方が
食堂で折り紙などに参加し、新たな意欲が芽生えています

作業をするって大事ですね。






先日、作業療法室で『サンドイッチ』を作る患者さんが・・・
個人的には、パンの耳を揚げたお菓子が懐かしかった

そんな訳で、担当のK.S.作業療法士からレポートが届きましたので掲載です。


サンドイッチ
今回の調理実習ではサンドイッチを作っていただきました!
ハム、チーズ、卵、レタスを挟んでボリューミーに!

切ったパンの耳も焼いてから砂糖をまぶしてお菓子風にしていました!
なんか、懐かしい…

料理中の患者さんからは自粛が明けたらピクニックに行けたらなー
退院後の想像が膨らんでました!


200526_2.jpg













本日はY.S.作業療法士A.N.作業療法士からのレポートです


今年も野菜を植える時期がやってきました

今年はナスピーマンさつまいもトウモロコシオクラ小松菜人参ねぎを植えました

新型コロナウィルスの影響もあり大勢ではできませんが、負けずに少数精鋭で頑張っています

ある患者さんは、毎日寝てばかりで「疲れる」とおっしゃっていましたが、畑作業時はとても元気で、
たくさんアドバイスをしてくれました。今ではすっかり元気になられて、畑に行くのを楽しみにされています。

またある患者さんは、昨日の出来事も忘れてしまっていましたが、
畑に行ったことは良く覚えていらっしゃり、「毎日水やりせんなん」と意気込んでおられます。
今年も畑の先輩方からアドバイスをもらい、「夢農園」でたくさんの「夢」が実りますように・・・






本日は、この春から就職したA.S.作業療法士初レポートです。
新人たちは研修を終え、実践の場で学んでおります。
先輩作業療法士と患者さんの作業療法に同席しましたたが・・・さて・・・


普段は作業療法に出療する時はベット場で横になっていることが多いのですが、今日は起き上がり座って待機。
行く気持ちがバンバン伝わってきました!
患者さんの方から「行きましょう」と言って下さり、本当に楽しみにしていたんだなと思い、嬉しく思いました。

準備をして、一緒にたこ焼きを作ろうと思いましたが、作る作業には自信がないのか、少ししか参加されませんでしたが、目線は常にたこ焼き!嬉しそうな表情!たこ焼きをパクパクと食べる姿がとても印象に残りました。

いつもは元気があまりない印象でしたが、患者さんが病前に好きだった作業『銀●こを買って食べること』を、
こうやって出来ることで、気分や表情、コミュニケーションが変わることが見れて、作業が与える影響って凄いなと、感じることが出来ました。

まだまだ未熟で、何もできない作業療法士ですが、患者さんの一言や、様子、生活などから患者さんの生きがいを見つけていけられたらいいなと思う時間でした!!


「ほ~」「へ~」と思わせてくれるレポートありがとうございました。
患者さんが、何かを教えてくれたんですね。
貴重な経験と学びをどんどん、していってください。