2017.07.12 調理練習の力



ある患者さんが、調理実習をしています。

そこに忍び寄る影・・・というわけでは有りませんが、
以前同室だった他の患者さんが、様子を伺いに来ました。

「何、作っとる?」

そんな会話から、「次あなたがやってみたらどうですか?」
という話に繋がります。

患者さんが、患者さんの作業を推進してくれます。

これも、作業、環境の力です。


170712_3.jpg









スポンサーサイト
2017.06.27 退院後の作業



退院した患者さんが訪問してくれました。

覚えてますか?
調理練習前に「本当にするの???」と話していた方です。

退院されて得意の『押し寿司』を娘さんと一緒に作ったそうで、
他にもおかずを携え、訪問してくれました。


笹を手に入れるため、遠方まで家族で出かけたそうで、
何かしようとする時のエネルギーは強いですね。

このまま上手く在宅生活を継続して欲しいです。









作業療法室内で『CAFE de BOW』営業中です

患者さんは喫茶店のマスター。

お店に来られるお客さんとのやり取りも楽しみだったようです。
ならば、喫茶店のマスターに戻って頂きましょう

ということで、しばらくのコーヒー入れ練習を終えたあと、時間限定で作業療法室で
開店していただきました


お客さんは、患者さん。
ここに来るために、歩行練習の距離を伸ばす方も。

目的があると行動がかわりますね。

161216.jpg



ボーリングのスコアシート!!

誰の?  私の?

いやいや・・・

確かに、うちのOT室には強者がいる(S君)

が、これは退院された患者さんのスコアシート。


元々、クラブチームに入るくらいボーリングに通っていた女性。

当然目標は、「ボーリングの再開」になります。


当時来ていた学生さんにもたんとうしてもらい、練習しました。


そして、退院後の実践報告に来てくれました!!

うれしいですねぇ~




2016.10.31 夢の実現



新聞を開くと、担当した患者さんの投稿記事

どんな記事かと読んだら、新幹線で東京まで行き、スカイツリーに行ってきたとある。

介入当初、「東京でもどこでも行ける」という私に、「本当に行けるかね?」「本当?」と
半信半疑だったのですが・・・

そして、得意の絵手紙を再開し、作品の中でも「夢は新幹線で東京スカイツリー」と
書いていらっしゃいました。

すごい!!

そりゃ、どこでも行けるんです。
問題は、「行こう」と思うかどうか。

やったね~。

そして、何気に、投稿再開自体も作業の再開。


次の作業を待ってます!!!