上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


石川県作業療法学会が、金城大学で開催され当院からは3名が発表しました。



---------------------------------------------------------------------------------------------
①平田 純作業療法士
 演題名: 「失語症により表出能力低下を認めた症例の役割活動参加に対する作業療法
           ~認知症絵カード評価法(APCD)・作業に関する自己評価・改訂版(OSA-Ⅱ)を用いて~」



失語症の患者さんの想いを聞くことに工夫し、作業実践に繋げました。

---------------------------------------------------------------------------------------------
②庄山 玲奈作業療法士
 演題名:「外出練習の実践報告 ~退院後の生活が具体化し自信に繋がった事例~」

170624_2.jpg

制度改定で外出練習がより、積極的に出来るようになりました。
その取り組みと、事例が外出練習で変化した事をまとめました。

---------------------------------------------------------------------------------------------
③森長 史香作業療法士
 演題名:「病前生活から生活能力に低下あり,治療戦略にて生活改善した事例」

170624_3.jpg

役割を喪失し、生活が鈍化していた事例に、役割の再獲得を図り、
生活の活性化を図りました。

---------------------------------------------------------------------------------------------

170624_4.jpg


そして、平田作業療法士が、『学会長奨励賞』を受賞しました



そして、もう一人デビュー戦!!

170624_5.jpg

初座長を務めました。

皆さん、お疲れ様でした!!

(もちろん、この後別所でお疲れ様会を開きました(笑))


スポンサーサイト


三重県で開催された『第14回東海北陸作業療法学会』において、3演題を発表!!

141116_1.jpg

(1)中島 愛(作業療法士)
演題名:「失語により復職に困難を呈した症例への支援-職場・地域との連携-」

141116_2.jpg

(2)森田 弘一(作業療法士)
演題名:「ボツリヌス療法と作業療法併用により日常生活で麻痺手の使用機会が改善した例」

141116_3.jpg

(3)東川 哲朗(作業療法士)
演題名:「作業の文脈を考慮し「意味のある作業」の展開を図った,脳血管障害回復期クライエントに対する作業療法」


演題発表に加え、発表者以外に参加していた猛者も含め、各フロアで質問するなどしてきました\(^_^)/


石川県作業療法学会が開催されました。
当院の作業療法室からは5演題をエントリー。

2年目の猛者達が無事全員発表。+ロートルが1名(笑)


◆橋出 佳津美:「脳血管障害患者の利き手交換-2000年から2013年の文献レビュー-」
◆竹澤 藍子:「生活向上マネジメントを用い,家族と目標を共有した症例
               -排泄自立と家庭での役割獲得を目指して-」
◆四登 久嗣:「作業目的の明確化から活動意欲の向上,
                      家事役割の再獲得に繋がった一症例」
◆安田 友紀:「活動場面が病室内に留まる症例と家族へのアプローチ 
                  -外出練習により活動範囲の拡大を図った一症例ー」
◆東川 哲朗:「脳血管障害患者退院時の家事役割に対するアプローチ
                 -生活行為向上マネジメントを活用して-」




140907_2.jpg


そして終了後はおきまりの『打ち上げ』です(笑)


今学会で初座長を経験した方に後輩から素敵なプレゼントがあったり、
初発表者の方にも先輩からプレゼントがありました

ななんと、私にもお裾分けで

ありがとうございま~す!!

当院作業療法士はこれからも、楽しく臨床・研究・教育・社会貢献に取り組んで参ります



富山県で開催された「東海北陸作業療法学会」に参加。

一般演題・ポスター発表の他に、
脳卒中の上肢機能訓練(CI療法)、
高齢者に対する作業療法の考え方、
教育講演などを聴いた。

そのうち、「高齢者に対する作業療法の考え方」では座長を務めさせていただいた。

脳卒中の上肢機能訓練(CI療法)では、
拘束療法と称されることが多いが、それよりも、生活で使用する考え方に
患者さんの思考を変えていくこと考えの重要性を話されていた.
これがトランスファーパッケージと言われるそうである。
これは従来から言われている、麻痺手が何かに使えるようになったら
使える場面を患者さんに紹介・指導して使ってもらうということと何ら変わることではない.

ただ、そういうことをもっと強力に進めること、患者さん自身の意識を
変えると言うことに力点を置いていることで新しかった。

高齢者に対する作業療法の考え方では、普段から使用しているMOHOの考え方を
ベースにしており理解しやすかった。
その中でも役割について重点的にお話しされていたと思う。

秋の学会シーズン、来年は当学会にも複数学会エントリーを目標に頑張りたい。

やはり、学会参加は演題持って行ってなんぼだと思う。
石川県作業療法学会に参戦!

毎年、2年目の登竜門として、発表してもらっています。
加えて、その他の経験者も発表しちゃいます。

今年は、5題エントリー。

<1>心理的落ち込みにより活動・参加制限が生じていた主婦に対する介入-OSA-Ⅱを用いて-
西川 由衣さん


<2>食事における机の高さと上肢運動の関係
吉田 美穂さん
130908_3.jpg

<3>患者側から見た更衣活動の目的    
八神 梓さん
130908_2.jpg

<4>当院の作業療法で外出訓練を実施する目的
品田 圭介さん
130908_4.jpg

<5>自動車シミュレーター導入と現状・今後について
伊藤 かおりさん
130908_5.jpg


学会後、恒例の『打ちあげ』+学生の歓迎会を開催!!
あらっ?画像が1枚も無いぞ・・・


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。