上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



共同で世話人を務める「作業で考える会」の特別研修。

今回は、県立広島大学から吉川ひろみ先生をお迎えして、『プレイバックシアター』を開催しました。

語り手の体験に基づくお話しを即興劇で演じ、その場の皆で気持ちを共有しようとする、
アメリカ発祥のものです。

本場では、専用の劇団がありますが、日本でも同様。

そして、講師の吉川先生は『劇団しましま』を立ちあげて活動中です。
発達領域や、いじめの問題、企業研修などで活用されているようです。


170219_1.jpg


当院からも沢山のスタッフが参加。

不思議な1日を過ごしました。


170219_2.jpg



スポンサーサイト



当院では、リハビリテーション部が主催し講師をお招きし、セミナーを開催しています。

今回は、『(急性期)高次脳機能障害の見たてと生活行為への影響』と題し、
鈴木 孝治先生(藤田保健衛生大学大学院)をお招きした。

先生の軽妙な語り口に引き込まれ、あっという間の3時間。


急性期から、問題を見立てるポイントを中心にお話し頂いた。
脳血管障害をメインとする当院では、とても大事なテーマ。

また、当事者に気づきを生むという視点でもお話し頂き、明日からの臨床に直結する
内容でした。






共同で世話人を務める「作業で考える会」の主催研修会。

県立広島大学から西田 征治先生をお迎えして、『認知症の人とその家族への 地域支援と予防的作業療法』
というタイトルで開催。

先生は、専門作業療法士(認知症)・認知症ケア専門士の資格を取得されており、病院の認知症ケアにも
関わりながら、地域支援事業(認知症予防教室、認知症カフェ)にも参画されている。

1日という長時間の研修であったが、あっという間。
それというのも、諸外国に出向いたり、研究も熱心にされているので、話がわかりやすく、
おもしろい。

これが無料???

参加した人は、絶対得したはず。

先生とは、お付き合いして17年ほど。
大阪での長期講習が一緒だったのが最初で、それからのお付き合い。

これからも、よろしくご指導下さい!!

さて、画像はなかなかお気に入り。

これ、なかなか良いよ、うん。



2015.02.08 研修会



県士会主催の「生活行為向上マネジメント研修会」

当院からも沢山のスタッフが参加。

日曜日に、1日掛けての研修会。

全国の推進会議を受けて、当院・東川も1時間ほど講師を務める。

半日は演習であるが、参加者皆さん、熱心に勉強していた。
もちろん、当院の作業療法士達も・・・『熱心』である\(^_^)/

学んだ技術を、明日から患者さんの為に使おう!!


2013.11.10 前頭前野


県士会主催の研修会に参加。
テーマは『前頭前野』。

前半は脳機能についてお話し頂いた。
注意・記憶・ワーキングメモリー・情動・遂行機能の内容を脳機能と
臨床像を照らし合わせてながらの講義で、大変わかりやすかった。

覚醒レベルの低い人への対応や、失調へのアプローチ、エイリアンハンドへの対応などなど
興味深い内容であった。

講師の先生と昼食を取りながら話をする機会をもったが、
臨床の話題について意見交換することができ、有意義であった。

県士会レベルのお付き合いであるが、今後も来県しシリーズ化しようかという
企画も持ち上がっているらしい。

楽しみである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。