上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



県立広島大学の「吉川ひろみ先生」が来られました。
実習地訪問・・・です(爆)

そして、いつもワン・テーマの勉強する機会を頂いています。

今回は『プレイバックシアター』

ある人(テラー)に過去の思いの詰まった場面を語ってもらい、その語りに従い数人で
即興劇をするというものです。

160805_2.jpg


数人の体験者はいましたが、素人同然。
どうなることやらと心配しましたが、思った以上によい出来に・・・

160805_3.jpg


皆さん、迫真の演技で盛り上げてくれました。


極秘に(いやいや堂々と)、AMPS講習会の金沢開催を御願いしました。
来年(2017年)10月に開催したいなと、御願い中です。



スポンサーサイト



またまた、カラオケ大会の開催です

結構いらっしゃいます、唄好きの皆さん。

そして、この作業の良いところは、聴く聴衆者として参加できること。
社会参加の一部とも言えます。

160804_2.jpg


今回は、実習中の学生さんが浴衣を着て、患者さんと一緒に司会を務めてくれました。
ちなみに、学生さんは広島県の大学から来ています。

患者さんの饒舌な語りと、明るい笑顔が素敵な学生さんの名司会に皆さん、笑いに包まれます。

160804_3.jpg

160804_4.jpg


こちらのお父さんは、普段から老人施設などをカラオケ慰問に出かける方。
話づらさもあり、つらい時期もありましたが、今日、皆さんの前で唄を披露するところに至りました。

前向きなそのお姿、素敵です!!

160804_5.jpg

途中、地元の実習生3名も加わり、場を盛り上げてくれました。
ありがとぉ~






病院の畑、その名も『夢農園』
そこで収穫のトマト

このトマトを使って、普段作っているご自慢レシピによる「トマトジュース」を
作ってくれるという患者さん

トマトの他に、退院した患者さんが作った物を持って来てくれたスイカにリンゴ・・・

いろんな想いが詰まった、美味しい「トマトジュース」が出来上がりました。

もちろん、美味・・・美味・・・





当院が幹事的な役割で開催している『作業で考える会』。

今回は「山田 孝先生」をゲストにお招きして事例検討会を開催。

翌日から2日間、人間作業モデル(MOHO)の講習会が開催されるのに併せて金沢入りの
先生が、小松空港から直接当院に来られ、事例検討会のコメンティーターを務めてくれました。

微妙な緊張感と、いつもより多い参加者(爆)

初めて人前で発表したという方には、発表のコツや、ちょっとした心掛けなどを
アドバイスして頂けました。

その他、色々な助言が聞けて、大変勉強になる時間でした。


160729_2.jpg








今年も、学生さんの臨床実習オン・シーズン!!

ということで、この日はささやか(?)な歓迎の宴

現在・・・
金沢大学、金城大学、専門学校金沢リハビリテーションアカデミー、
文京学院大学、県立広島大学、東北福祉大学
の皆さんをお招きして、実習進行中!!


沢山のスタッフも、学生の教育いや、自分の研鑽、楽しみも求めて参加してくれました\(^_^)/

鋭気を養って、明日からの臨床に、勉強にパワーアップ





当院の畑『夢農園』の今年初収穫です

立派な野菜・・・

ははは・・・実は今年は、スタッフの活躍がやや遅れがちで、どうなることかと心配されていましたが・・・
患者さんのご家族などが、見るに見かね・・・こっそり手入れしてくれたりして、この見事な収穫に繋がりました

いいチームワーク

とは言っていられませんね。
甘えてはいけません。
反省


160707_2.jpg

さて、一方屋内では、真剣なまなざしで一戦が始まっています。

囲碁愛好家による、真剣勝負です。

今回も、少しだけルール覚えて見ましたが、奥が深すぎて・・・

勉強します!!!


2016.07.05 事例検討会



毎週1回火曜日に、院内で『事例検討会』を開催しています。

私たちは、卒業して国家試験を合格して働ける様になりますが、それは、
スタートする権利をもらっただけです。

日々進化する技術・知識を吸収・勉強しないと・・・置いてきぼりにされます。

毎週、2~3例、みんなで事例を出し合い検討します。
自分ではそれなりに出来ていると思った事例でも、他の人からアドバイスをもらうと、
目から鱗なんて事がよくあります。

また、新人や2年目の人はまとめる練習にもなります。

机の上のスイカ???

卒業した患者さんの成果です!!



自宅へ退院される患者さんの自宅洗面所改修を行う事になりました。
少し大柄な患者さんだったので、車いすを身体のサイズに基づいて選択すると、
既製品の洗面台が使えなくなります。

業者さんとやり取りし、洗面台を高くする加工をしてもらうことになりました。
少しの高さを上げるだけなのですが、これひとつで生活が変わります。

もちろん、車いすも福祉業者さんにお任せにはしません。
こちらで選択して御願いします。

そんな仕事もしています。
2016.06.01 福祉車両



退院を計画される患者さんのご家族が、福祉車両をご購入。
折角なので、見せて頂いた。

車はHONDAのN-BOX。
いや~すごいですね・・・

スロープに車いす乗せてボタン押すと、ウインチで車いすを引っ張ってくれます。
介助者へのアシストですね。

この種の車を見ると思い出すことがあります。
まだ働き出して2~3年の頃でしょうか。
当時も福祉車両は有りましたが、今のように安価(と言っても高い)に買える時代で無かった頃。

脊損の奥さんを家に連れて帰るというご主人が、ご自分で車を改造しました。
軽のバンタイプの車の後部座席を取っ払い、農機具を運搬するときのスロープを活用し、
中に乗り込めるように改造。乗車後の車いすをしっかり固定するベルト・フックも色々
代用して自作。

いや~、奥さんへの愛の前には作業療法士なんて役に立たないな・・・と敬服した記憶が
あります。

そんな事を想いだした日でした。



『作業で考える会』開催です。

他の施設からの参加がめっちゃ多かったです

県外からも・・・

余談ですが、来月富山県に出向いてお話ししてきます
富山でも同じような事ができないか考えているグループの方に3時間ばかし、
喋ってきます。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。