上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



東京で開催された、「第28回日本作業行動学会・学術大会」で発表してきました。
私たちが大切にしている「作業」「行動」を深く考える学会です。

↓演題発表

「認知症を合併し意味ある作業を表出困難であった左視床出血の事例に認知症高齢者の絵カード評価法(APCD)を二段階に進め実施し作業把握を試み実施した作業療法」   発表者:作業療法士 東川 哲朗

認知症を合併する対象者の作業を知るために、絵カードによる評価を用い把握に努めました。
把握した作業を使用して、働きかけ自宅退院に至りました。
------------------------------------------------------------------------------------
「パーキンソン病の進行により,生活が狭小化している患者と夫の生活再構築を目指した作業療法」
発表者:作業療法士 高多 真裕美

パーキンソン氏病の方の生活支援に関わりました。ご本人のみでなく、介護者の御主人の
生活も併せて考え、両者の思いを大事にした生活の実現に至りました。
-------------------------------------------------------------------------------------

「作業療法」が、学術的にも有効な事を示すことに努めています。
この様な学術面も大切にしています。





スポンサーサイト



プランターに花の苗を植えました。

この方に花を植えることはどんな意味があるんでしょうか?
答えは、ご本人しか知りません。
なので、お一人お一人の作業を大切にお聞きします。

さて、花の苗ですが、当院の場合、事務に方が買出しに行ってきてくれています。

ある日、買出し担当の方とお話しました。
「できるだけ、元気な苗を選んだりするように心がけているんですよ・・・」

うれしくて飛び上がりました。

作業療法で何をしているか、作業が大切な事・・・そんな事が、
他の部署の方にも理解されています。

こういう時に、「あぁ~、この病院・職場で良かったなぁ~」としみじみ感じます。

さて、どんな花が咲くか・・・
皆の思いを込められたプランター。
素敵な花が咲きますように・・・


180606_2.jpg


何をしているのか?
ふざけている?

い~え、至って真剣。

自動車運転は、患者さんにとって大事な作業であることが多いです。
しかし、安全に運転できないと大変危険なものになります。

その一助となるかもしれない、大学の研究に自動車学校様と共に協力しています。

180607_2.jpg

身体の各所にセンザーを取り付け、運転中の動作などを測定しています。
それに合わせて、自動車運転の技能を客観的に分析するシステムでもデータ収集しています。

180607_3.jpg

こういう研究は、明日・明後日何かに結びつくことは少ないですが、将来、
患者さんの役に立つと信じ、強力しています。

今日は、大学の学生さんと当院患者さんOBと、作業療法士が研究に参加しデータを
取りました。

自動車学校さんのシステムはすでに、企業の安全運転講習に使用している
もので、このシステムでの解析をフィードバックして頂きました。

患者さんOB、作業療法士とも、普段意識していない自身の運転の癖を
知ることができ、今後の安全運転に参考になったと思います。

この様なことにも、協力しています。







石川県最大のお祭り『百万石まつり』

このメインイベントは時代絵巻的な行列。
そのイベント終了後に、県民による踊り流しが行われます。

県作業療法士会として参加していますが、始まる前に、
当院作業療法士参加メンバーで記念撮影(遅れてこられた方は入っていません・・・)

今年も、楽しく参加させて頂きました。

私個人的には、終了後の二次会で、沢山お話しできたことの方が楽しかったかな・・・

2018.05.25 調理実習



調理実習をしています。

それ自体、当院作業療法室では、日に1〜2件(多い時は4〜5件)行われて
いることですが、この日は少し違います。

患者さんのご家族が、見学に来られています。

この様に、ご家族の方に見て頂くと、「どんな事が出来るようになったか」を
とても分かりやすくお伝えすることができます。

安心して、元の生活に戻ることができると、患者さんもご家族もとても
幸せな事と思っています。


2018.05.16 講師デビュー



作業療法士: 山本 詩織さんが、地域の『そくさい健康教室』の講師デビューです。

県士会に依頼いただき、当院作業療法室で担当させて頂きました。
病院県士会作業療法士看板を背負って!!   出陣です!!!

180516_2.jpg

この日は転倒予防についての講義をした後、体力測定を実施。
体力測定には現在当院で実習中の学生もお手伝い。

将来、自分の勤務施設のお仕事に加え、社会貢献できる人材に育って欲しいです。






「作業で考える会」を当院で開催しました。
夜な夜な・・・勉強しています。

何より、スキル・アップしないと役に立たない世界なので、
自身のアップデートは必須。

今夜は、対象者の「意志」について考える勉強です。
何をするにしても、本人の「意志」のないところに行動はありません。
対象者のそういう部分を理解するための勉強をしました。


「作業で考える会」は今年度、評価に関するツールのおさらいをしています。
次回は、当院東川が「人間作業スクリーニングツール(MOHOST)」についてレクチュアーします。




現在、当院で実習している学生さん達です。

金沢大学、金城大学、専門学校金沢リハビリテーションアカデミーの地元養成校に
加え、県立広島大学、新潟医療福祉大学から来られています。

そして、何をしているか?
勉強?

昼休みに、『甘エビ』を食べてます。

患者さんOBの方が、日本海から採ってきました〜

それを、食しています。

当院の実習、運が良ければ、こんな事もあります。

なぜ、患者さんは甘エビを持ってきてくれるか。
「作業」(活動・参加)への再参加を目標に作業療法実施しています。
退院後の成果を、見せに来てくれているんだと思います。



作業療法バンザイ!!



今年も、新卒入職者の「国試合格祝い」の会を開催しました!!

今年は1名だけの入職になりましたが、
果たしてこの熱~い暑苦しい?)作業療法に燃える先輩たちの愛を一人で受け止められるか(笑)

期待しております。

2018シーズンはこのメンバーで闘います!!

作業療法バンザイ!!



今回は、Y.H作業療法士の初・レポートです

それでは

見てください、この包丁さばき!
さばいている魚はタラ、患者さん持参の新鮮な魚です。
少し前まではじゃがいもの皮むきにも苦戦していました。
今も手の使いにくさはあります。
それでもイキイキとした表情でタラのムニエルを作ってくれています。
毎週末の外泊時にも家族に料理を振る舞っているそうです。

180309_2.jpg


それにしても、本当においしそうですね
味見をしたスタッフから声を掛けられると
「退院までにもう一回くらい料理できるかな?」ですって。
ぜひぜひお待ちしております!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。